電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

労働災害を
沖縄の弁護士に相談

労働災害について

こんな場合はご相談ください

こんな労働災害のトラブルはありませんか?

  • 勤務中に怪我をした
  • 通勤中に事故に巻き込まれて怪我をした
  • 仕事が原因で病気になったのに会社側が労働災害だと認めない
  • 労災申請を拒否された
  • 労働災害によるケガは、会社に責任を問える可能性があります
何度でも相談無料
まずはお気軽にご相談ください まずはお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-49-5225

平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

メールでのお問い合わせはこちら <24時間受付>メールでのお問い合わせはこちら

交通事故による労働災害

交通事故専門チームと連携

交通事故専門チームと連携

ベリーベストは、交通事故の月間相談件数500件以上の実績があり、弁護士だけではなく医療コーディネーターが後遺障害等級認定支援を行い、交通事故被害に悩む多くのお客様をサポートしています。被害者の方が不利益を被らない最良な解決方法をご提案いたします。

  • 損害賠償 無料計算ツール
  • 慰謝料無料計算サービス

豊富な解決実績!

累計解決件数
1,406
累計解決金額
23億5391万3906円
年月度 解決件数 解決金金額
9月度 40件 6845万1156円
8月度 33件 4940万7902円
7月度 75件 2484万2526円
  • 上記件数は、2011年1月以降に解決した実績数です。
  • 実績数は残業代請求、不当解雇、労働災害等、労働問題の累計数となります。
  • 解決実績の件数には復職して解決したケース等、解決金額0円のものも含みます。
夜間 ご来所相談をご希望の場合

夜間 ご来所相談をご希望の場合

労働災害(労災)について、弁護士と相談したいけれど、今は働いているし、通院の時間もあるし…平日の昼間の時間帯には中々相談する時間が取れない…会社の仕事や通院が終わった後に、弁護士と相談したい!
そんな場合は、ご希望のご相談日・お時間をお問い合わせください。ご希望の時間でご相談いただけるよう、個別対応いたします。在職中や通院中で労働災害(労災)にお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

沖縄で労働災害に遭われた方へ

那覇市内・沖縄県で労働災害(労災)の被害に遭った場合や、ご家族が労働災害(労災)に遭われた場合は、ベリーベスト法律事務所 那覇オフィスの弁護士が法律相談に応じます。

労働災害(労災)とは、労働中に発生したケガや病気、死亡のことをいいます。労働中に災害が発生し労働者である従業員に被害が及んだものが労働災害の原則となりますが、通勤中に起きた災害も労働災害として認められています。通勤しなければ勤務することができないため、労働に起因していると考えることができるからです。

労働中に負った怪我や死亡事故に対して労働災害が適用されるのは言うまでもありませんが、病気が労災認定されるためには、さまざまな基準を元に判断することになります。厚生労働省で作成された「職業病リスト」は業務と病気の因果関係を明らかにしたもので、該当する職業によって発病した場合は、労働災害として認定されることになります。もちろん職業病リストに記載されていない職業であったとしても、業務と病気に因果関係があれば労災補償の対象となります。どのような場合が労災補償の対象となるかは、弁護士まで法律相談いただければ的確に判断することができます。

うつ病や適応障害などの精神障害については、業務以外の要因によっても引き起こされる可能性があります。例えばプライベートな出来事で強いストレスがかかったことによって発病した場合もあるため、原因を慎重に見極めることになります。しかし生活に問題がなく業務上強いストレスを受けるに至る具体的な出来事があれば、労働災害として認められるでしょう。例えば、「著しい長時間労働」、「拒否することができない状況での退職勧奨の強要」「過去に経験したことがないような配置転換」「身体接触を伴うセクシュアルハラスメントが継続していた」といった出来事が、発病に至る原因であると判断されることがあります。

弁護士に法律相談していただければ、お客様の状況をさまざまな認定基準と照らし合わせることで「労災隠し」になっていないかを確認することが可能となります。

労災保険とは、労働災害によって補償を受けることのできる保険です。労災保険は会社単位で加入する制度であるため、従業員が個別に保険料を支払っていなくても適用されるのが原則です。もし会社が労災保険に加入していなくても、労働災害(労災)によって従業員が被害を受けた場合は補償を受けることができます。会社が労災保険未加入だった場合でも適切な補償を受けることができますが、会社はその補償金額の一部または全額を負担するペナルティを受けます。会社が労災保険未加入だった場合はこのようなペナルティを受けることを避けるために、「労災隠し」という違法な手段を強行することがあります。働けなくなった従業員を解雇すれば、労働災害があったことを明るみにせずに済むからです。そのような場合に弁護士に法律相談しなければ、本来受けるべき保険給付を受けることができなくなってしまいます。

本来受けることのできる労災保険の給付内容には、治療費を補償されるだけでなく働けなくなったことによる休業給付もあります。障害が残った場合も、障害保険年金や障害一時金といった障害給付を受けることもできます。もし労働災害に認定されなければ、養っている家族が生活に困る事態が起こりかねません。労働問題が専門である弁護士に依頼することによって、これらの問題をスムーズに解決することが可能です。

もし従業員個人が会社に労災保険給付の手続きを行えば、さまざまな理由をつけて労働災害であることを認めないかもしれません。法律の専門家である弁護士が代理人として交渉を行えば、法的な根拠を元に正当性を主張することが可能となります。

また会社から提示された補償額が妥当であるかどうかを、個人が判断することは困難です。さまざまな労働問題に携わってきたプロの弁護士なら、補償額が労働災害の状況に見合ったものであるかを判断することができます。妥当性に欠ける額であれば、納得のいく額が提示されるまで根気強く交渉を続けることも可能です。

初回の法律相談料は60分無料となっています。那覇市内・沖縄県の労働災害(労災)に関するあらゆる問題はすべて、ベリーベスト法律事務所 那覇オフィスの弁護士までお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-49-5225

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

那覇オフィスの主なご相談エリア

那覇市、沖縄市、名護市、うるま市、糸満市、南城市、北中城村、宜野湾市、浦添市、与那原町、南風原町、豊見城市、北谷町、嘉手納町、西原町、読谷村、北中城村、中城村、国頭村、大宜味村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、東村、その他の市町村にお住まいの方

ページ
トップへ