電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

合成麻薬を使用して逮捕。弁護士が時間をかけて両親を説得し、情状証人になってもらうことで保釈が認められ、執行猶予となった

  • cases232
  • 2017年09月26日更新
女性
  • 女性
  • 20代
  • 無職
  • 暴力事件
  • ■犯罪行為 覚せい剤・大麻
  • ■罪名 麻薬取締法違反
  • ■解決結果 執行猶予

事件発生の経緯

合成麻薬(MDMA)を使用して逮捕された、麻薬取締法違反事件。

ご相談~解決の流れ

被疑者は初犯だったが両親からも見放されていたため、保釈を強く望んでいたが両親が協力的ではなく情状証人となってもらうことが難しい状況でした。

弁護士が相当な時間をかけて両親を説得し、情状証人になってもらうことで保釈が認められ、執行猶予となりました。

解決のポイント

弁護士が本人に代わって、両親や知人に協力してもらえるよう交渉を依頼することで、保釈が認められ、執行猶予となりました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

那覇オフィスの主なご相談エリア

那覇市、沖縄市、名護市、うるま市、糸満市、南城市、北中城村、宜野湾市、浦添市、与那原町、南風原町、豊見城市、北谷町、嘉手納町、西原町、読谷村、北中城村、中城村、国頭村、大宜味村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、東村、その他の市町村にお住まいの方

ページ
トップへ