電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

酒に酔って通行人に抱きついた。すぐに謝罪と示談の意思を表明し、迅速な対応をしたことによって不起訴に

  • cases207
  • 2017年09月26日更新
男性
  • 男性
  • 性・風俗事件
  • ■犯罪行為 痴漢
  • ■罪名 迷惑行為防止条例違反
  • ■解決結果 不起訴

事件発生の経緯

Aさんは、酒を飲んで酔っ払った状態で、通行人の被害者に抱きつきました。被害者の家族が近くにいたことから、すぐに最寄りの派出所に連れて行かれ、事情を聞かれました。

その日は帰らされましたが、逮捕されるかもしれないと思ったAさんは相談に訪れました。

ご相談~解決の流れ

Aさんの依頼を受け、すぐに警察署へ連絡して謝罪と示談の意思を表明しました。被害者に何度か連絡をして示談に応じてもらうことができ、被害届を取り下げてもらいました。

事件発生から約3週間で示談ができたことにより、Aさんは逮捕などされることなく事件は終了しました。

解決のポイント

迅速な対応が、Aさんの身柄拘束を阻止し、結果的には不送致となりました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

那覇オフィスの主なご相談エリア

那覇市、沖縄市、名護市、うるま市、糸満市、南城市、北中城村、宜野湾市、浦添市、与那原町、南風原町、豊見城市、北谷町、嘉手納町、西原町、読谷村、北中城村、中城村、国頭村、大宜味村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、東村、その他の市町村にお住まいの方

ページ
トップへ