電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

不当解雇・退職勧奨を
沖縄の弁護士に相談

不当解雇・退職勧奨かも?と思ったら

こんな場合はご相談ください

不当解雇でお悩みのよくあるケース

  • 会社を辞めるように強要されている
  • 執拗な退職勧奨で退職されそうになっている
  • 独自の社内規制によって退職を余儀なくされている
  • 「退職合意書」にサインする前に、ご相談ください。
  • お客様の声
  • 解決事例
何度でも相談無料
まずはお気軽にご相談ください まずはお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら 0120-666-694

平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

メールでのお問い合わせはこちら <24時間受付>メールでのお問い合わせはこちら

豊富な解決実績!

累計解決件数
1,915
累計解決金額
33億5804万2801円
  • 上記件数は、2011年1月以降に解決した実績数です。
  • 実績数は残業代請求、不当解雇、労働災害等、労働問題の累計数となります。
  • 解決実績の件数には復職して解決したケース等、解決金額0円のものも含みます。
夜間 ご来所相談をご希望の場合

夜間 ご来所相談をご希望の場合

不当解雇や退職勧奨について弁護士に法律相談したいけれど、「平日の昼間は時間を作るのが難しい!」「会社の仕事が終わった後ならまとまった時間が取れるのだけれど…」という方でも、ご安心ください。ベリーベスト法律事務所 那覇オフィスまでご希望のご相談日・お時間をご連絡いただければ、個別に対応可能です。できる限りご希望の時間でご相談いただけるように調整させていただきますので、在職中で不当解雇・退職勧奨にお悩みの方は是非お気軽にベリーベスト法律事務所 那覇オフィスの弁護士による法律相談をご利用ください。

沖縄で不当解雇・退職勧奨に遭われた方へ

那覇市内・沖縄県で不当解雇でお悩みの方は、ベリーベスト法律事務所 那覇オフィスの弁護士にお任せください。

まず始めに、不当解雇とはどのような状態の解雇であるのかを確認しましょう。不当解雇とは、労働契約法や労働基準法に違反する形で従業員を解雇することです。従業員である労働者は会社に雇用してもらう立場となるため、必然的に弱い立場になりがちです。その弱い立場を守るために、労働契約法や労働基準法によって会社が持つ解雇できる権利が厳しく制限されています。そのため、労働契約法や労働基準法の制限を超えて解雇することは違法性のある解雇であり、労働者が提訴すれば会社に勝てる可能性が高くなります。

しかし、労働契約法や労働基準法で定められている解雇であったとしても、従業員側に「客観的で合理的な理由」や「社会通念上の相当性」があると裁判所が判断すれば、違法性のない解雇であるとして労働者が敗訴することもあります。言い換えれば、労働者側に「客観的で合理的な理由」や「社会通念上の相当性」がなく、会社の個人的な感情で従業員を解雇したのであれば、会社が敗訴する可能性が高くなるのです。

「客観的で合理的な理由」とはどのようなものでしょうか?たとえば従業員が以下のようなことをすれば、懲戒解雇に相当すると考えられています。

  • 正当な理由がなく業務命令を守らない
  • 経歴を詐称した
  • 有罪判決が下された
  • 会社の信用などを損失する行為を行なう
  • 会社のお金を横領する

上記のような行為があった場合でも、就業規則等で懲戒解雇にする旨が定められていなければなりません。どのような行為に違法性が伴うのかは、会社の事業内容や業態によって異なるからです。また、すぐに懲戒解雇にするのではなく、配置転換や減給、降格で対応することもあります。そのようにすることで、会社は不当解雇にならないようにする実績を積み上げることになるからです。解雇以外の方法で処分を行い、それでもなお従業員の態度が改まらないとなれば、「客観的に合理的な理由」に該当し、解雇することはやむを得ないと判断されることになるでしょう。

また「社会通念上の相当性」とは、天災などのやむを得ない事由のために事業を継続することができなくなった場合があります(労働基準法第19条)。社会的な情勢によって経営が悪化し、経済的な損失を避けられないという場合の人員整理も、社会通念上の相当性があると認められれば不当解雇にはなりません。
また、労働基準法第19条第2項によって、行政官庁の認定を受ける必要がある旨が定められています。もし行政官庁の認定を受けていない状態で労働基準法第19条規定で従業員を解雇すれば、不当解雇となる可能性が高くなります。

このように、これまでの経緯や会社が定めた就業規則等によって不当解雇であるかどうかが問われることになります。
もちろん従業員に上記のような非がなければ、圧力をかけられたり不当な扱いを受けたりすることは許されることではありません。不当解雇にならないようにするために、会社は従業員に退職合意書へサインするように迫ったり退職勧奨してきたり、従業員から退職するように強要してくることもあります。当然、そのような行為も不当行為に当たると考えられます。

そのような場合には、是非ベリーベスト法律事務所 那覇オフィスの弁護士へ法律相談することをおすすめします。
ベリーベストでは、全国のオフィスにいる弁護士と連携を取りながら、これまで培ってきたノウハウを共有しているため、有利に交渉を進めることが可能です。
また、既に不当解雇を受けてしまった場合でも、状況によっては損害賠償請求をすることも可能ですので、諦めずに弁護士へご相談することをお勧めいたします。

初回の法律相談は60分無料です。
不当解雇させられそうな状況である、退職勧奨によって自主退職してしまった、内定をもらったのに入社直前に採用を拒否されたといった意向に沿わない扱いを受けた方は、まずはベリーベスト法律事務所 那覇オフィスの弁護士までお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

那覇オフィスの主なご相談エリア

那覇市、沖縄市、名護市、うるま市、糸満市、南城市、北中城村、宜野湾市、浦添市、与那原町、南風原町、豊見城市、北谷町、嘉手納町、西原町、読谷村、北中城村、中城村、国頭村、大宜味村、今帰仁村、本部町、恩納村、宜野座村、金武町、東村、その他の市町村にお住まいの方

ページ
トップへ